2018/12/26

(18/12/26 Wed) 善き生

 人生65年を超えました。若い頃にこの年齢の方々を見たときは、ずいぶんいろんなことを知っている人たちで見識もあるのだろうなあ、と思ったものですが、自分がいざその年齢になってみると、ほとんど若い頃から成長をしていないなあと驚いています。それでも少しは成長しているのかなあと思うところもありますが、見識があるとは思えませんし、ましてや人生を達観しているなどとはとても思えません。
 たいへん失礼な言い方になりますが、これは私だけの話ではなくて、私と同年齢の多くの方がそう思っておられるのではないでしょうか。それはそれで良いのだと思っています。ごくごく平凡な人生です。私は京都の二条城のそばにある高校に通っていたのですが、そこの校訓が「平凡に徹せよ」というものでした。この校訓、今でも使っているかどうかは分かりません。深い意味が当時は分かりませんでしたし学校側もまったく説明をしてくれませんでしたが、この年になってなんとなく良い言葉だなあと思っています。平凡に成長を続ける、そんな人生を歩めれば良いのかなあと思っています。このブログは長らく中断していましたが、今日、書くことは、そんな老人の独白です。
 全国権利擁護支援ネットワークという団体の代表を10年ほど務めさせていただいています。その代表挨拶として次のような文章を、2015年8月1日にサイトに掲載して現在も掲載しています。http://asnet-japan.net/about/
こんな文章です----
「善き生」(Good Life)とはなにか。古代の昔から多くの人々がこのことを問い続けてきました。そして、すぐれた模範解答も幾つか提示されています。ある人は宗教を通じてそれを提示し、ある人は哲学を通じて、また、ある人は社会活動や政治活動を通じて、そして自らの生を通じて人々に解答を示してきました。
しかし、その模範解答どおりの善き生を、私達のまわりの人達が実現できているわけではありません。中には、この問いかけを真正面から見据えて、自らの「解答」を出している人もいるでしょう。しかしその解答が出せない人、あるいはまた、問いかけ自体ができない人、問いかけに興味のない人、まさに人それぞれです。しかしそれでも、すべての人がその人にとっての「善き生」を実現するお手伝いをしたい。私達の活動は、その願いを共有しております。そして私達が使う方法は、権利擁護(アドボカシー)です。
 私達は、2009年にネットワーク活動を始めました。その間、「権利擁護支援」について明確で厳密な定義を与えておりません。もちろん、その探求は続けていきますが、会員団体はそれぞれの設立目的と運用形態を持っております。権利擁護や支援についての考え方も一様ではありません。各団体の持ち味がありますので、それを尊重しております。しかし、ひとりひとりの「善き生」の実現を願うことから、次のことは守りたいと思っています。それは、人をなにかの目的のための手段にしないセンスです。ひとりひとりの人生は、その人のものです。かけがえのないその人の人生を少しでもより善きものにしていくことだけに私達は関心があります。ブーバーの「我・汝」関係、あるいはメイヤロフの専心ケアの感覚と言って良いかもしれません。幸いにして多くの団体にネットワークにご加入を頂いておりますが、加入審査にあたってはこのことに留意しております。
しかし、センスは、書物や文字情報だけでは「育む」ことも「共有すること」も難しい面があります。実践知と呼ばれるものだからです。そこで私達は、団体間の日常的な交流を重視しております。まだまだ活動は充分とは思えませんが、これからも一歩一歩、こうしたセンスに磨きをかけるために交流を深めていきたいと思います。
みなさま、よろしくお願い申し上げます。2015年8月1日
代表 佐藤彰一 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ずいぶん気張った書きようですが、人はみな自分の人生を良きものにしたいと思っていることが、前提にあります。なにが良きものなのかはもちろん人それぞれで一致しないでしょう。しかし、そのことを理由にそれぞれの善き生をまったく個人の問題に委ねてしまうことは、あなたはあなたの人生を送れば良いので私はそこに関わらない、だからあなたも私に関わらないでほしい、そのような意味で人間関係を遮断した人間観・社会観を前提にしているように思います。近代の西洋思想はそのようなものです。しかし、これに対する異議申立が最近西洋でもでていることもよく知られている話しです。我々、非西洋社会の人間は、言語化されて精錬された西洋の知識を学んでいますが、西洋でも実践知としては、違うものがあるのではないか、そこをみながら、人間と社会を見ている人たちいるのではないかと思います。その人達の活動をどう表現すればいいのか、良くわかりません。人類学が人間学だ、生活学とかいろんな呼び方をしたところで、それってなに、と言われて明確な答えができない状態です。しかし、いろんな分野で、この挨拶に書いたようなことを思って毎日の生を営み続けている人たちがいるのではないかと思っています。
 
 まだまだ勉強が足りません。知らないことだらけです。私がこの活動に興味を持ち始めたのは2000年のころです。今年の6月に発刊した「権利擁護がわかる意思決定支援」(ミネルヴァ書房)でも定義を含めて、いくつかの実践知の成果を公表しています。
 この活動は、理論的な側面も有しています。単なる感情的な活動、その場かぎりのものではなりません。日本福祉大学権利擁護研究センターでこの数年にわたる研究会は、福祉と法にまたがる学際的なものであり、かつ研究者と実践者の両方が参加するまさに実践知の言語化を行う格好の場所でした。まだまだ研究活動は続くでしょう。そうした私の15年に渡る実践知に関わる活動をどうまとめればいいのか、実は65歳にしてなお迷っています。まさに、少年老いやすく学なりがたし。

|

2016/03/27

名古屋市の鳴海の雉本朗造先生を訪問したました

名古屋市の鳴海の雉本朗造先生を訪問したました
過去のブログにも書いています。下記です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/01/01

賀正 2016

あけましておめでとうございます。

旧年中は、皆様には大変にお世話になりました。身体を壊しましたが、ご関係の方々のお陰をもちまして、職場復帰も果たしすことができました。

今年も、講義や社会活動を通じて垣間見る社会の姿を私なりに理解しながら、自分なりの毎日を歩んでいきたいと思っております。ことしもどうかよろしくお付き合いのほどをお願い申し上げます。
下記写真は、元旦の日差しの中に映える飾り物です。

Happy New Year!
The last year, I've got ill unfotunately. Despiet that many many helps I have got there make me return to work. Thank very much all who helps me.
This year, while understanding the kind of society that glimpse through lectures and social activities in my way, I wanted to go come a my own every day life.
Best wishes
Next photo is a decoration that shine in the New Year's Day of sunshine.

201601012_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/18

権利擁護支援と法人後見

●下記の本が出版されています。
全国権利擁護支援ネットワーク編「権利擁護支援と法人後見」ミネルヴァ書房(2015)
手前味噌になりますが、なかなかいい出来に仕上がっています。私も最初の部分を執筆させて頂いております。
Amazonをはじめとする各種インターネット書店で購入できますが、下記の全国権利擁護支援ネットワークのサイトからも購入できます。
(15/12/22 Tue)訂正

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/12/15

権利擁護と意思決定支援 第1回アジア学術大会

標記が、下記の要領で開かれました。非常に興味深い内容で日本からも全国権利擁護支援ネットワークを中心に多くの方が参加したのですが、あまり日本国内では知られていません。そこで、報告されたタイトルと報告者だけでも、とりあえず掲げておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後期高齢社会における高齢者・障がい者のための権利擁護と意思決定支援に向けた第1回アジア学術大会
■日時:2015年12月11日(金)~ 12月12日(土)
■場所:ソウル大学 近代法学教育百周年記念館 チュサンホール(84棟301号)
■出席国:韓国、日本、シンガポール、台湾、香港、中国
■宿舎:ソウル大学 Hoam Faculty House
■企画:韓国研究財団「SSK意思決定能力障害者の社会統合」研究事業団
■主催:法務部、韓国成年後見学会、韓国障害者開発院、ソウル大学校法学研究所、日本全国権利擁護支援ネットワーク(ASNET-Japan)
■後援:大韓弁護士協会、財団法人温律、成年後見支援本部、社会福祉法人ソンミン、韓国障害者福祉学会
第1セッション(午前):アジア各国の成年後見制度
司会:朴ウンス弁護士
(日本)日本の成年後見制度と権利擁護 佐藤 彰一 ASNET−Japan代表 国学院大学教授
(シンガポール)精神能力法(Mental Capacity Act)下での意思決定能力障害者の保護 Daniel KOH 公共後見庁長官
(中国)中国成年後見制度の法的方向 李 霞
 華東政法大学法学院 教授
第1セッション(午後):アジア各国の成年後見制度
(香港)
成年後見制度16年 Charles Chiu
香港成年後見委員会委員長
(台湾)
医療行為についての同意 戴璃如
台北大学法学院 教授
(韓国)
韓国成年後見制度と意思決定支援制度化の模索 朴仁煥
仁荷大学校法学専門大学院敎授
第2セッション 財産管理と意思決定支援(二日目)
(日本)
成年後見人の財産管理の実態 田邊 寿
全国権利擁護支援ネットワーク社会福祉士
(日本)
日本の成年後見制度における成年後見監督の実態とこれからの課題 熊田 均 弁護士
(韓国)
成年後見制度における法的問題 金炯錫
ソウル大法科大学院 教授
(韓国)
専門職後見人と財産管理の争点(1) 金ウンヒョ
大韓民国弁護士会 成年後見委員長
(韓国)
専門職後見人と財産管理の争点(2) 李ナムチョル
   成年後見支援本部 法務士
(日本)生活困窮者支援法施行と権利擁護支援センターの取り組み〜地域福祉の観点から〜 平野 隆之
日本福祉大学教授
二日目第3セッション 障害者の権利擁護
(中国)
中国高齢者成年後見制度の現状と改革 Li Xin
(台湾)
国連障害者権利条約からみた台湾成年後見制度の再検討
黃詩淳  台湾大学法学院教授
(シンガポール)
シンガポール精神能力法における意思無能力者の保護
 Laura Chua (シンガポール後見庁)
(韓国)
韓国障害者権利擁護の実態と改善方案 崔ユンヨン
ペクソク大学社会福祉学部教授
(韓国)
韓国における新しい成年後見制度の意思決定支援活動の概要
 Seok-Won Roh  中央障害児童・発達障害者支援センター
Discussion   Joung Youl Kim
       Nam-Young Song
第4セッション:医療、身上監護
(日本)
胃瘻造設の拒否に関する意思決定支援について
住田 敦子
尾張東部成年後見センター
社会福祉士
(韓国)
精神または知的障害者の病院治療における同意能力 尹ジョンチョル 京畿道老人病院 医学博士
(韓国)
韓国における精神医療療養施設入院(入所)手続きの問題点 権オヨン
精神障害連帯事務総長
(弁護士)
質疑応答(20分) Ho-Kyun Park Sung-Ju Kim
昼食
第5セッション:後見代替制度と意思決定支援
(日本)
日本における日常生活支援事例 今井 友乃
全国権利擁護支援ネットワーク運営委員
(日本)
成年後見制度における身上監護義務と諸制度の導入 高橋 敬幸
権利擁護ネットワークほうき
弁護士
(シンガポール)
特別需要信託の運用状況
Esther Tan
(韓国)
意思決定能力に障害のある人のための信託〜韓国の事例 チョン チャンフン
韓国自閉症友愛協会信託意思決定支援センター・弁護士
質疑応答(30分)
 Su Jim You  OhHyung Kwon
総合討論:座長と各国参加者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/25

権利擁護のパラダイム転換 ~認知症の方や障害者の方にも意思はある~

このところYahooニュース個人というところに、記事を掲載させていただいております。
成年後見関係の記事が2つありますので、ここに引用しておきます。
※ 権利擁護の世界は、代行決定から意思決定支援へのパラダイム転換が起きています。ところが、日本の成年後見制度は、身上監護、財産管理の両面で課題が山積し、制度疲労を起こしています。実情を直視してみました。
また、この記事は、2015年5月22日に内閣府の障害者政策委員会に参考人として招かれたときに述べた意見をベースに大幅に加筆・修正したものです。
※ 2014年1月に日本は障害者権利条約を批准しました。同条約の遵守状況を国連に対して報告する政府案が公表されました。その中の成年後見に関する12条部分を読みましたが、大変に残念な内容になっています。条約の条文を政府報告案を参照しながら、なにがオカシイのかを説明しています。
それにしても、政府報告案の基調は、日本の現行成年後見制度は、障害者権利条約になんら抵触していない、というものでオカシイなあと思いますが、もっとオカシイのは障害者権利条約を批准した以上、意思決定支援が必要だからもっと成年後見を利用しましょう、っていう人があちこちにいることですね。どこをどう解釈したらそんな話になるのか私にはまったくわかりません。そしてそんな人達は、後見支援信託の問題にはまったく触れません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/07/07

成年後見関係統計資料

成年後見関係の統計データを作成して下記に掲載してます。
ここ数年の申立人の動向と、制度発足以来の最高裁データです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/08

西東京の障害者虐待施設と第三者委員会の訴訟・和解

あまり報道がないのですが、いまのところ毎日だけが報道していますね。 

2015年5月19日東京地裁です。

法人は、東京都に対しても訴訟を提起していましたが、こちらは前に訴えを取り下げ、第三者委員に対してのみ訴訟を継続していました。「利用者が殴ってきたから殴り返しただけで、虐待にはあたらない」という理屈を訴訟で主張するのは驚きましたが、こういう施設も実際にあるのだということを関係者が認識できたことは、今後の虐待施策を考える上でとても重要な先例となったと判断しています。

これからは、下記の記事にもありますように、施設側が、第三者委員会や東京都や都内の各団体の支援を受けながら、再生をしていくことが期待されています。それを目指すことが盛り込まれていることが本和解の一番の良いところですね。法律的にはいろいろ突っ込みたいところはありますが、和解の妙味として理解したいと思います。

以上、佐藤彰一記載

以下、毎日の記事

---------------------------------

西東京・障害者虐待:第三者委と和解 運営法人、全委員に謝罪 /東京

毎日新聞 2015年05月20日 地方版 抜粋

 「西東京市の知的障害者施設「たんぽぽ」を運営する社会福祉法人「田無の会」が、「誤った虐待認定をされ、経済的損害を受けた」と、専門家による第三者委員会(山下望委員長)の全委員に損害賠償を求めた民事訴訟の和解が19日までに東京地裁で成立した。運営法人側が虐待をすべて認め、不当な訴えで苦痛を与えたと委員に謝罪する内容。法人体制の刷新も和解条項に盛り込んだ。

(中略)

 和解を受け19日、記者会見した第三者委員代理人の黒松百亜弁護士は「脅しのような訴訟で公益性のある第三者委が萎縮しないよう、訴えが不当と確認できてよかった」と話した。

 運営法人「田無の会」は今年2月、理事長が交代し訴訟も見直していた。大森昇司・新理事長は「新たにやっていくためすべて受け入れた。第三者委の力も借りていきたい」としている。 【野倉恵】

〔都内版〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「商業登記・株式会社の代表取締役の住所について」