« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/29

またデータを

置き忘れてしまいました。しかもデータを忘れれてはいけないとバックアップを取ったことは明確に覚えている。
もう、笑うしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非弁提携

昨日、西村代議士が逮捕されました。記事を読む限り、非弁提携の事実は明らかなのです。これも偽造設計と同様、専門家の不祥事、社会システムの崩れ、という言っていいのですが、ちょっと違うのは、この非弁提携の記事には「被害」が浮き彫りにされていません。
非弁提携で逮捕されたケースがどれだけあるのか、手許にデータがありません。しかしこれまでの弁護士会の非弁提携に対する処分は、きわめて重く、除名(弁護士資格を失う)になるケースが多い。多重多額債務の整理に絡んで非弁提携をしているケースですと、多数の債務者に金銭的被害を与えていると主張されるのですが、こんかいの事例では、さて多額の報酬を折半していたとだけ書いてあって、それが普通の受任事件に比してどれほど多額なのか、依頼者に被害を与えていたのか、まったく報道がありません。もうすこし実相を報道してもらいたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/26

偽造設計

 自宅から通勤の最寄り駅への途上に今話題の一級建築士が構造設計をした分譲マンションがあるので見て着ました。建築中でシートに覆われていて中はよく分かりませんが、かいま見えるところから判断するに、素人が外から見ても耐震強度なんでわからんよね、とまあ当たり前の印象を持つのみです。
 法規による基準設定(建築基準法)、専門家関与(一級建築士)、チェックシステム(建築確認)、と一通りそろった社会システムが根こそぎなぎ倒された形になっているところが怖いです。
 この怖さを目に見える形に残すために、構造計算の偽造が発覚したマンションをすべて解体するのではなく、そのまま無人で残しておいて人々の目にさらすべきだ、実際に震度5の地震が来たときにどうなるのか、周辺の安全を配慮しつつも見定めてみたい、これが知合の記者の意見でした。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/04

お父さんはアマイ

 今日は文化の日。言わずとしれた休日です。ここ1ヶ月ほど土日がほとんど潰れていて、子供と遊ぶことがなかったので、今日は大いに遊ぼうと思っていたけど、幸か不幸かレスパイトの空きがあってだいぶ前から予約していたのです。こういう時の気持ちは複雑です。

続きを読む "お父さんはアマイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惰眠もまたよし

 私は、趣味は眠ることである、と雑誌に書いたことがあるぐらい、よく眠る人間なのであるが、その趣味が最近は格段に向上している。
 

続きを読む "惰眠もまたよし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »