« 法廷落語 | トップページ | お父さんはアマイ »

2005/11/04

惰眠もまたよし

 私は、趣味は眠ることである、と雑誌に書いたことがあるぐらい、よく眠る人間なのであるが、その趣味が最近は格段に向上している。
 

 昨日は、受任事件の関係で出張。医学の専門家の意見を聞くために特急電車にのったのであるが、付き添いで同席してくれた若手の弁護士が熱心に事件の解説をしてくれている最中に、こっくりこっくり。他にはだれもいない、私に話をしてくれている人を前に置いて寝てしまった。申し訳ない。
 それにしても、電車の中ってどうしてああ心地よいのでしょうか。朝晩の通勤の途上も、席が空いていて座ってしまうと二駅ともたずに寝てしまう。昔は、駅を寝過ごしてしまうことが多かったけど、最近は目的駅の直前で不思議と目が覚める。もうこうなると居眠りのプロである。われながら芸術的だ、、なんて感心している。
 

|

« 法廷落語 | トップページ | お父さんはアマイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惰眠もまたよし:

« 法廷落語 | トップページ | お父さんはアマイ »