« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005/12/30

千葉県障害者条例

いよいよ今年もくれようとしています。
この年頭から始まった千葉県の「障害者差別をなくすための研究会」が条例案を策定して最終報告をまとめました。12月22日のことです。
 最終報告や経緯は、こちら

続きを読む "千葉県障害者条例"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/25

行列はできないけれど

「障害のある人にやさしい法律相談所」っていう本が発売されています。
版元はSプランニング。著者は辻川圭乃さん 

続きを読む "行列はできないけれど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/18

昔の文章

新しい原稿を書こうと思って、前のファイルをあれこれ探していたら次のような文章を発見しました。自分でも忘れていました。これは1996年当時(今の民事訴訟法が制定される直前)の文章です。私は、証拠に関わる研究から大学に残ってきましたが、この10年ほどはあまり積極的な活動をしていません。
 この10年で民事裁判が一番変わったことは、早くなったことです。高等裁判所などほとんど審理がされません。一回の審理で終結し、一審とは違う判断がでることがあります。そのことを一般の方々はほとんどごぞんじありません。以下、拙稿「証拠収集」法律時報1996年10月号15-21Pより

-------------------------------
民事訴訟は国民にあまり利用されていないと言われている。これは生活紛争でもそうであるし、企業のビジネス紛争でもそうである。しかし他方で、利用されていないはずの裁判所の第一線の裁判官や職員は、その抱える事件負担の多さにあえぐと同時にその中で、個人的な努力を重ねている。弁護士としても同じことである。これは、一体どう理解すればいい風景なのだろうか。


続きを読む "昔の文章"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »