« 弁護士の饒舌はどうして? | トップページ | 携帯実務六法(グリーン六法)2006年 »

2006/06/15

UBCの紛争解決研究「障害者の生きる権利」

 カナダのブリティッシュコロンビア大学が、アジア太平洋紛争解決研究の一貫
として、カナダ・日本・中国における障害者の生きる権利の比較研究を行おうと
しています。

 この3カ国で、障害者の生きる権利がどのように取り扱われているのか、違い
があるのか、あるとすればそれは、法制度、政策、文化のいずれの側面によるも
のか、などを明らかにすることを狙いにしています。

 UBCの研究者から、日本についての関連文献を教えてくれと頼まれているの
ですが、私では力不足です。どなたか、教えていただけませんでしょうか。

関連するものであればなんでもよいのですが、特に次のような領域の文献が関連
するのかと思います(佐藤がそう思っているだけで、もっと広いのかもしれませ
ん・直接の担当者は見当がつかないと言っています)

1) 出生前診断に関わる文献
2) 障害者の結婚、不妊・断種手術に関する文献
3) 障害者の殺害に関する文献(含む心中)
4) 障害者に対する医療停止
5) 障害者に対する虐待

そのほか、このテーマに関する文献がありましたらお教えいただけると幸いです。

なお、昨日、調査研究に当たっている研究者と打ち合わせを行いましたが、日本
の福祉法制の中で、この種の領域に関する法制度の動きを概観できる文献がほし
いなと痛感しております。どなたかご存知の方、おられますでしょうか。

satosho@liaisonlc.com


|

« 弁護士の饒舌はどうして? | トップページ | 携帯実務六法(グリーン六法)2006年 »

PA」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/10533684

この記事へのトラックバック一覧です: UBCの紛争解決研究「障害者の生きる権利」:

« 弁護士の饒舌はどうして? | トップページ | 携帯実務六法(グリーン六法)2006年 »