« 不動産協会研修会 | トップページ | 我孫子の障害程度区分判定 »

2006/07/29

南大沢学園とバリウム

金曜日に南大沢に行きました。ここにある養護学校の先生方の研修会にお招きいただいのです。先生方相手に、リエゾンでのご相談の経験などをお話させていただきました。

実は、この日の午前中は、人間ドックにいっていました。普通なら人間ドックの日は他の用事をいれないものだと思いますが、お世話になっている知合の先生からのご依頼でもあるし、午前中でドックは終わるからと、なんとなく受けてしまいました。ところがこれが大失敗です。忘れていたのですねバリウムを。人間ドッグといえばバリウム。バリウムといえば・・・・
 午前中で検査自体は終わりますが、わたしはバリウムをお腹のなかに入れたまま、研修会に参加し、先生方の前でお話をしなければならない事態に陥ったのです。いやあ、正直どうなることかと心配しましたが、そこはやはり養護学校の先生ですから、終始あったかい雰囲気でお聞きいただき、なんとか責めを果たすことができたように思います。楽しかったけど、きつかった(笑)。南大沢学園養護学校の先生方、今度はまた体調のいいときにお会いしたいと思います。よろしく。

 さてこの日は、南大沢を後にして、バリウムとともに、そのまま私の住んでいる町の市役所での障害者総合相談センターの設立準備の会合にでたのです。こちらは二次会もあり、帰宅は夜遅くになりました。その間、ずっとバリウムは私のお腹の中にありました。これって、なかなかの体験です。二度としたくない体験ですが(苦笑)。人間ドックで飲み過ぎを指摘されたその日にこれですから、反省が足りません。けしからんですね、こういう人間は。反省です。

|

« 不動産協会研修会 | トップページ | 我孫子の障害程度区分判定 »

PA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/11144194

この記事へのトラックバック一覧です: 南大沢学園とバリウム:

« 不動産協会研修会 | トップページ | 我孫子の障害程度区分判定 »