« 南大沢学園とバリウム | トップページ | ゆたかな夏にトマトなのだ »

2006/07/30

我孫子の障害程度区分判定

障害程度区分の判定で、千葉県我孫子市が独自の判定項目を追加して審査を行う、との報道があったが、その報道も含めて実際に我孫子市の判定委員を務めている名川さんがコメントをしている。
http://mnagawa.air-nifty.com/misc/2006/07/729_2276.html

 新聞報道では、「追加項目」となっているが、1件に1時間もの検討時間を書けたり、調査員に再調査をお願いしたり、マニュアルではない検討を行っているようだ。その結果としての追加項目であろうか。しかも区分判定に縛られないで支援の額も決めるようだ。国の区分と違ったところは、市が持ち出しになるらしい。地方行政の面目躍如というところだ。

|

« 南大沢学園とバリウム | トップページ | ゆたかな夏にトマトなのだ »

PA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/11149997

この記事へのトラックバック一覧です: 我孫子の障害程度区分判定:

« 南大沢学園とバリウム | トップページ | ゆたかな夏にトマトなのだ »