« 父親の家族サービス時間 | トップページ | 民訴の10年 »

2006/08/05

「自閉症に無配慮で自殺」?

 3日に遺族が勤務先提訴、こんなニュースが報道されていた。テレビでも扱われたようである。
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20060803/20060803a4360.html

 「自閉症と知的障害を抱え働いていた男性=当時(46)=が自殺したのは、会社が上司らに障害を周知せず十分な配慮を怠ったことが原因として、母親(73)が3日、ヤマト運輸の関連会社「ヤマトロジスティクス」(東京)に6500万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 「訴えによると、男性は、障害者雇用枠で2002年11月に入社し、包装などの仕事に従事。職場の上司と十分な意思疎通ができず、会社は上司や同僚に障害について知らせていなかったことから厳しく指導され、精神的に大きな負担となった。さらに給料が減らされる勤務時間の変更を告げられたことから、男性は05年2月下旬ごろ職場で自殺未遂をしたが、会社は家族に知らせず、男性は3月3日に自宅で自殺した。」

 法律構成はなんだろう。やはり安全配慮義務か。過労死だったら労働基準法なんだろうけど、違うだろうなあ。
 わたしがこの報道で、あれっと思ったのは、原告である母親の実名が出ていることである。加えてテレビの記者会見では、この母親がメインで話をされている。弁護士がついていると思うのであるが、こちらは名前も報道されなければ、訴の内容を解説したわけでもなさそうだ。依頼者はほとんどオモテに出てこないで、弁護士だけが「主役」になる報道もあるが、この事件は、活発な原告さんと奥ゆかしい弁護団のセットのようだ。

|

« 父親の家族サービス時間 | トップページ | 民訴の10年 »

事件・紛争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/11272575

この記事へのトラックバック一覧です: 「自閉症に無配慮で自殺」?:

« 父親の家族サービス時間 | トップページ | 民訴の10年 »