« 成年後見高額報酬事件 | トップページ | 宇都宮冤罪・養子乱用事件 »

2006/09/16

乱用される養子制度

 障害者の相続や財産管理にからんで養子縁組のお話を聞くことがちょくちょくあります。法律家なら誰にでもある経験でしょうか。
 その養子制度が乱用されているとの記事が9月13日に朝日に出ていました。
 http://www.asahi.com/national/update/0913/TKY200609130260.html

養子縁組、組織犯罪の温床に 名字かえて詐欺、相次ぐ

 実体のない養子縁組を繰り返す手口が組織犯罪の温床になり、各地で摘発されるケースが相次いでいる。振り込め詐欺や融資金詐欺に悪用される場合が多く、養子縁組の「常連」もいる。現行法では、明らかに不審な縁組でも、書類が整っていれば自治体は受理するのが原則で、法務省は養子・養父母の双方が「合意」している縁組を防ぐのは難しいという。

 この制度を悪用した詐欺容疑などで、北海道警は今年に入って暴力団員ら計55人を逮捕した。2~6月、養子縁組を繰り返して名字を変え、住宅金融公庫から融資金約1億6000万円をだまし取ったとして暴力団関係者や不動産仲介業者を主犯格とした14人を逮捕した。

 警察庁は「多重債務を逃れる手段だったのが、最近は振り込め詐欺に使う携帯電話や銀行口座の開設に悪用されるようになったようだ」とみる。

 自治体の連合会では、成人同士の養子縁組には、裁判所の許可を要件するような改正意見を出しているようです。そこまでいうのであれば、成人同士に限らないで、養子縁組の適法要件を定めて非訟事件として家事審判法の対象にするといいようにも思います。

|

« 成年後見高額報酬事件 | トップページ | 宇都宮冤罪・養子乱用事件 »

障害者後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/11916598

この記事へのトラックバック一覧です: 乱用される養子制度:

« 成年後見高額報酬事件 | トップページ | 宇都宮冤罪・養子乱用事件 »