« 合格祝賀会 | トップページ | 地域密着型法科大学院(続) »

2006/10/01

「地域密着」型法科大学院

 法科大学院は、いうまでもなく受験予備校ではない。社会に寄与できる法曹の養成をめざすと同時に、法科大学院自体も社会に寄与することが期待されている。そうした想いから勤務校でのリーガルクリニックも障害のある方の法的支援に精力を傾けているが、それほど宣伝をしているわけではない。
 
 他大学でも、かなり活動が活発化しているようである。

まず獨協大学法科大学院の試み
「法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム」採択事業 
子どもの救済と支援のためのリーガルセンター
http://www.dokkyo.ac.jp/kodomo_lg/

次は、岡山大学の法科大学院の構想
 「医療、福祉の紛争解決へ 研究センターあす設立」
 http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/okayama/news/20060930ddlk33040655000c.html

 いずれも名川さんから情報をもらった。両校の試みに大いに期待したい。

それにしても、この試み、もっと情報がほしいところです。

|

« 合格祝賀会 | トップページ | 地域密着型法科大学院(続) »

法学教育など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/12106708

この記事へのトラックバック一覧です: 「地域密着」型法科大学院:

» 岡山大学医療・福祉リーガルリスク予防研究センター [misc.]
昨日に引き続き、法科大学院のセンターについて。 岡山大学法科大学院(大学院法務研 [続きを読む]

受信: 2006/10/01 17:30

« 合格祝賀会 | トップページ | 地域密着型法科大学院(続) »