« 医療過誤訴訟は少ない? | トップページ | カラオケ方式(対話医療シンポ余話) »

2006/10/23

医療過誤訴訟は少ない?(補足)

 対話医療シンポのフェルドマン教授の話を書いたついでに、その話しの中で出ていたアメリカの実態調査レポートというのを探したら、それらしきものが日本語で出版されているのを発見した。

 下記のワイラー教授というのがハーヴァードの先生か。

「医療過誤対策」ポール・C・ワイラー等著 青木書店(2001)

「人は誰でも間違える」米国医療の質委員会/医学研究所 日本評論社(2000)

「医療の質―谷間を越えて21世紀システムへ」
米国医療の質委員会/医学研究所 日本評論社(2002)

出版年は、いずれも日本での出版の年であってアメリカで報告されたのは、70年、80年、90年代であったように記憶している(いま手許のシンポのメモがない・とほほ)。

 それにしても日本もすごい。さっそく注文した。当然のことながらまだ読んでいない。

|

« 医療過誤訴訟は少ない? | トップページ | カラオケ方式(対話医療シンポ余話) »

法学教育など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/12395458

この記事へのトラックバック一覧です: 医療過誤訴訟は少ない?(補足):

« 医療過誤訴訟は少ない? | トップページ | カラオケ方式(対話医療シンポ余話) »