« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/30

教育コーディネーター研修会

 昨日は、午前中が渋谷の国学院で講義。午後は船橋に舞い戻り、教育センターで開かれた教育コーディネーター研修会に参加しました。
 コーディネーター研修会は、障害児の父親の立場から教育連携支援のありかた、とくに個人情報保護の問題を話してほしいと、かねてから依頼されていたものです。

続きを読む "教育コーディネーター研修会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/29

日弁連の差別禁止法要綱と後見制度

日弁連「障がいを理由とする差別を禁止する法律」要綱(日弁連試案)各種報告・意見交換会が、27日午後2時から5時まで弁護士会館で開かれました。私も参加してきました。もっとも参加できたのは最期の1時間程度でしたが、なかなか有意義であったと思います。

続きを読む "日弁連の差別禁止法要綱と後見制度"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/28

母よ殺すなかれ

 なんとも痛ましい事件が報道されている。今月の6日に福山市内で30代の母親が、5歳と3歳のお子さんを殺害して警察に自首したというのである。子供は二人とも発達障害であったとか自閉症であったとかの報道がなされている(そのような報道をしていないところもある)。

続きを読む "母よ殺すなかれ"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/11/27

小さく育てたい親心

前にアメリカで障害児の体を小さなままにしておく医療が行われていることを紹介した。
http://www.satosho.org/satosholog/2006/11/post_9246.html

その後、このニュースを追っている名川さんが、さらに詳細に紹介してくれている。相変わらず丁寧な仕事ぶりに感謝である。
http://mnagawa.air-nifty.com/misc/2006/11/growthattenuati_ed34.html

続きを読む "小さく育てたい親心"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/11/26

パチンコ攻略情報被害判決

 判例時報1941号に標記の判決が掲載されていました。

 パチンコ攻略情報の売買契約に際して売主(情報提供者)から「100パーセント絶対に勝てる」などの勧誘を受けた買主がした購入契約が、消費者契約法4条1項2号所定の「断定的判断の提供」を理由として取消が認められた事例のようです。

 東京地裁判決平成17年11月8日判例時報1941号98頁

続きを読む "パチンコ攻略情報被害判決"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解体作業その後(続)

F1000009 ヒューザー+姉歯物件の解体作業ですが、まだやってます。かなり進捗したようで年内には跡形もなくなるのでしょう。

続きを読む "解体作業その後(続)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/25

二つの60期

 今日(もう昨日か)金曜日に、勤務校OBの法曹会の会合があり、立場上参加した。新司法試験の合格者と旧司法試験の合格者が招かれ祝賀会となった。

続きを読む "二つの60期"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/24

名古屋育成会の成年後見セミナー

昨日の木曜日に名古屋育成会主催のセミナー「知的障害のある人の成年後見を考えるIN NAGOYA」に参加しました。

続きを読む "名古屋育成会の成年後見セミナー"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/11/22

女性専用車両の怪

 最近、通勤に使っている路線に女性専用車両が登場した。今日、なにげに隣の男女混用車両に乗ったらびっくりした。すごい混みようなのである。

続きを読む "女性専用車両の怪"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/20

Fantasia

 日曜は、あいにく雨の一日であったが、昼間はドライブ、夜は、ディズニーのファンタジア「Fantasia」を見てすごした。ファンタジアは次男の昔からのお気に入りで、これを見たいときは、ビデオのリモートコントロールとファンタジアのDVDを持ってくる(わかりやすい)。

続きを読む "Fantasia"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/19

信託法 衆院通過

 継続審議になっていた信託法案であるが、衆議院を通過した。今国会で成立の見通しらしい。
http://www.asahi.com/business/update/1116/137.html

続きを読む "信託法 衆院通過"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/18

育成会全国大会

 全日本手をつなぐ育成会の全国大会が今年は千葉で行われています。昨日から実質的に始まっているようですが、わたしは昨日は仕事が詰まっていて参加できませんでした。今日は、千葉市で開かれた分科会に参加。

続きを読む "育成会全国大会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/16

ユニバーサルコンサート

 4月に一度、ここで紹介したことがありますが、今度の12月27日水曜日に東京芸術劇場でユニバーサルコンサートがあります。
 知的障害のある方々が、フルオーケストラのバックで第九を歌うという企画です。

続きを読む "ユニバーサルコンサート"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/15

二弁仲裁センター

 今日は、夕刻、弁護士会で開かれた第二東京弁護士会の仲裁センターの実務研修会に参加しました。この会合、毎月のように定例で開かれていているのですが、私は欠席続きでした。久しぶりの参加です。

続きを読む "二弁仲裁センター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/14

公設事務所の若い力

 ある若い弁護士から地方の法テラスに赴任したとの挨拶状をいただいた。私の授業に参加していた人である。
 先日、国学院のシンポに参加した記事を書いたが、ここでもロースクール併設の公設事務所で働いている若い弁護士がいて、学生時代に法律相談で活躍していた人であった。

続きを読む "公設事務所の若い力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/13

コミュニティフレンドの1ヶ月

 名川さんが、コミュニティフレンドについてのこれまでの考えをまとめて掲載されています。
http://homepage3.nifty.com/mnagawa/guardianship/kouken-communityfriend.htm

 

続きを読む "コミュニティフレンドの1ヶ月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/12

ブログのイメチェン1

 イメチェンなんて必要ないのですが、やはりいつまでも桜並木の写真では、ちと季節感がなさすぎです。自分のホームページで使っている写真に変えました。

Dvc00059 これは勤務校のシンボルであるボアソナードタワーが中心にあって結構気に入っていたのです。春になると、飯田橋からも市ヶ谷からも、お堀端のこの道は大学までずっと桜で埋まります。

でもいまは秋のど真ん中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/11

判決を偽造する弁護士(達)

 弁護士の不祥事ネタは、ニュースになりやすい。このブログでも時折紹介しているが、すべてではない。この種のネタは、あまり気持ちのいいものではないからである。ただ法曹倫理を教えるものとしては、材料を集めている。無視できないものもある。
 昨日今日、流れている標題のニュースは、読んでいてどっかで見た記憶があるなあ、と思っていた。

続きを読む "判決を偽造する弁護士(達)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/11/10

別館も削除

熱に浮かれたついでに、別館(左下リンクにあったもの)もブログ・リンクとも削除しました。とにかくスクラップアンドビルトですばい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/09

法生活支援のブログ

 ながらく当ブログの左下にリンクとして掲載されていましたが、標記ブログを削除しました。なんだこれはと思われたかたもいらっしゃると思います。削除決断は熱にうなされているのかもしれませんが、前々から、これは意味がないなあと思っていました。

続きを読む "法生活支援のブログ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はちょっと

 このところ、朝夕と風がさすように寒い。先週末に背負い込んだ風邪がまだ治らない。周囲にも風邪を背負い込んだ人が何人がいる。
 このブログは、いささか話題がクライとの指摘を受けたのでなんとか明るい話題をと思っては見たが、本人の体調が、そんなこんなで明るくない。そんなときは何を書いてもクラくなりそうなので、今日は諦めて早く帰って寝ることにしよう。こういう日は電車の中の送風も体に響く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/08

腎移植報道について

 万波医師に対する報道がさかんになっている。耳目を集める事件であることは間違いないのであるが、先日のテレビで同医師の手術の問題点として「同意書すらとっていなかった」という論調があった。ご本人は、家族・ドナーにいつも丁寧に説明をしている、と語っているが、それに対する批判なのかと思う。

続きを読む "腎移植報道について"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/07

法テラスの1ヶ月

鳴り物いりで始まった法テラスであるが、1ヶ月を経過してのニュースを二つ紹介しよう。

ひとつは電話がなかなか繋がらないとう苦情である。
もうひとつは混乱なく順調に滑り出しているという報告。
地方と東京とでは、雰囲気が違うようだ。

続きを読む "法テラスの1ヶ月"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/11/06

障害当事者の裁判官

 知合の視覚障害の方との会合を経験すると、いつもふと思うことがあります。この方、とても人間や社会に対する洞察が深く、失礼ながら「視野が広い」といつも思ってしまうのですが(全盲の方です)、どうして日本には障害当事者の裁判官がいないのでしょうか。全盲の弁護士、車椅子の弁護士、聴覚障害の弁護士など、弁護士会には障害当事者の弁護士が何人かおられます。国会議員では前職の八代英太さんが有名でしたね。

続きを読む "障害当事者の裁判官"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/11/05

障害児は子供のままがいい?

名川さんが、衝撃的なニュースを伝えている(アメリカの話しです)。
http://mnagawa.air-nifty.com/misc/2006/11/post_3610.html

 6歳の重度発達障害の女児が医師によってエストロゲンという薬を多量に投与され、その成長を止められる“療法”を施されている。その目的は、ずっと自宅でケアを続けたいから、ということらしい。

続きを読む "障害児は子供のままがいい?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解体その後

 姉歯物件で、先日、掲載した写真が写りが良くなかったので、再掲載です。ピンボケのデジカメは、あえなく入院(修理に出しました)、これは買い換えた携帯で撮影したものです。

F1030002 これだと人が上のほうにいるのが分かります。

この人、プロですねえ。私なんか見ているだけで怖くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/04

リーガルクリニックのシンポ

 渋谷パブリック法律事務所と四つの私学が連携して行っているリーガルクリニックをめぐるシンポジウムに午後参加してきました。場所は弁護士会館クレオ 午後1時から5時までした。
 渋谷リーガルクリニックのHPです。↓
 http://www.sbpb-law.jp/legal/index.html

 今日の臨床法学教育シンポジウムの案内です↓
 http://www.sbpb-law.jp/legal/topics02.html

続きを読む "リーガルクリニックのシンポ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休の風邪

 連休です。なので、かどうか、風邪をひいたようです。昨日から臥せってます。

私も人間だということですね。安心しました(苦笑)。次男と遊ぶぞ、と思っていたのですが、その彼も布団の中でじっとしていますから、どうも同じころに風邪を引いたようです。今の風邪は熱もセキもないので分かりづらい。午後、ちょっとした会合にでなければいけませんが、まあ、仕事をすれば、なんとか回復するでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/03

祝う会

 私は、人前で挨拶をすることが苦手である。毎日のように講義をしているのであるから、慣れているはずなのに、自分でも不思議である。
 昨日、千葉県の障害者条例の成立を祝う会が千葉市内で開かれ、条例成立に向けて活動した皆さんが集まった。

続きを読む "祝う会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/02

解体作業その後

 あんまり長い文章を連続して書くとブログの読者に怒られそうです。というわけで、写真を一枚。姉歯+ヒューザーマンションの解体状況です。

以前の様子は、こちらからどうぞ↓

http://www.satosho.org/satosholog/2006/09/post_4c15.html

続きを読む "解体作業その後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雉本朗造の法律研究所2

 大正11年3月13日。瀬戸内海の航行する客船のデッキから一人の男性が海中へ姿を消しました。名前は雉本朗造、年齢46歳。職業は、京都帝国大学法学部教授。教えていた科目は民事訴訟法。そう、この先生は、私が大学で教えているのと同じ科目を教えていた大先達なのです。

続きを読む "雉本朗造の法律研究所2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/01

雉本朗造の法律研究所

前に勤務していた大学の学生法律相談部の機関誌に標題のタイトルで掲載した文章が、ファイルの中をうろちょろしていたら出てきたので採録します。法科大学院ができる前の文章なのですが、いまから振り返ると社会が変わったところ、変わらなかったところ、などなどいくつかコメントをつけたいところがあるので、書き直したいからです。書き直しの文章はあとにすることにして、まずは、掲載した文章そのものを下記に採録しましょう。あくまで2000年に書かれた文章であることに留意してください。

続きを読む "雉本朗造の法律研究所"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »