« 法テラスの1ヶ月 | トップページ | 今日はちょっと »

2006/11/08

腎移植報道について

 万波医師に対する報道がさかんになっている。耳目を集める事件であることは間違いないのであるが、先日のテレビで同医師の手術の問題点として「同意書すらとっていなかった」という論調があった。ご本人は、家族・ドナーにいつも丁寧に説明をしている、と語っているが、それに対する批判なのかと思う。

 私は同意書をとったかどうかは重要な問題ではないと思っているので、万波医師の行動を支持するものではないが、同意書についての取り上げ方は、問題を中心を見失わせるものだと思う。報道のあり方に懸念を持っている。

 同意書をとったかどうかは、形式であって十分に説明と了解を得ていたかどうか、こちらが問題であり、また十分な説明と了解があったとしても、医療の質の問題として疾患の腎臓を移植することが許されるかどうかであろう。マスコミの同意書を根拠とする批判は、同意書さえとればそれで一応OKというよくある間違った対応を助長しかねないものである。

 また、ご本人が十分な説明して了解を得る努力を患者の家族に対して「いつも行っている」と説明していることについて、ことの発端が「姉妹になりすました第三者」の腎臓提供を受けて手術をしてしまったことから始まっていることから、大いに疑わしいと思っている。マスコミの方には、こうした点を丁寧に取材してほしいところである。

|

« 法テラスの1ヶ月 | トップページ | 今日はちょっと »

事件・紛争」カテゴリの記事

コメント

的確なコメントありがとうございます。患者の思いは、Mieさんのご指摘のとおりですよね。それだけに、患者が同意書にハンを押したかどうかなんて問題にしてはいけないと思うのです。

投稿: satosho | 2006/11/09 13:23

腎不全の方が透析を1回行うと、1万mを全速力で走ったくらいの疲労が全身を襲うと聞いたことがあります。
私の知り合いのお婆さんは、透析から数日は寝たきりになるとおっしゃっていました。
その方たちにとっては、病気の腎臓でも、ノドから手が出るほど欲しいのだろうと思うと、胸が締め付けられる思いです。
患者さんやご家族に対する充分な説明、これがなされていないことは、
大変重大な問題です。
また、使える腎臓であれば、元の患者に戻すべきであり、
摘出自体が妥当かどうかも問題となります。
第三者機関による審査義務などの法整備も含め、明確なルール作りを、心より期待しています。

投稿: mie | 2006/11/09 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/12604369

この記事へのトラックバック一覧です: 腎移植報道について:

« 法テラスの1ヶ月 | トップページ | 今日はちょっと »