« McKenzie Friends | トップページ | 意思無能力の相続人の相続税と事務管理 »

2006/12/17

不合格者の「厚遇」?

ボツネタ経由です。こんなのがニュースになるんだなあ。

<法科大学院>新試験不合格者の修了生に「厚遇」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061216-00000050-mai-soci

 9月に発表された新司法試験の結果を受けて、各法科大学院がすでに修了した不合格者に対し、自習室を完備したり勉強会を催すなど、来年の合格を目指して「アフターケア」を進めている。大学側にしてみれば来年の試験で合格実績を上げられる最短距離にいる「法曹の卵」。修了生も慣れた大学で勉強を続けられるメリットがあり、両者の思惑も一致する。生き残りもかけた「厚遇」に今後も拍車がかかりそうだ。

あちこちの法科大学院で始めたようです。記事にあるのは、私立大学ばかりですが、国立はどうなんだろう?。私の勤務校は、責任者がコメントを寄せているので、横合いから私があれこれ言う必要はないでしょう。それにしても、「この程度で「厚遇」なのか」と思ってしまうのは、私が世間から乖離しているのだろうか。

|

« McKenzie Friends | トップページ | 意思無能力の相続人の相続税と事務管理 »

法学教育など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/13094847

この記事へのトラックバック一覧です: 不合格者の「厚遇」?:

» LS:不合格者の厚遇? [Matimulog]
ボツネタと、satoshologでも紹介されていた。 <法科大学院>新試験不合格 [続きを読む]

受信: 2006/12/17 17:55

« McKenzie Friends | トップページ | 意思無能力の相続人の相続税と事務管理 »