« 入所施設の法人後見 2 | トップページ | 入所施設の法人後見4 »

2007/02/05

入所施設の法人後見3

さて、法人後見と個人後見のそれぞれの特性を視野に入れながら、今後の後見利用の戦略作りを研究していかなければならないと思っていたら、過日あるところで、現実はどんどん進んでいることを知りました。入所施設自身の法人後見が実施される予定との話しを聞いたのです。

 

知的障害者や自閉症者の親の会は、わが子のためを思い、これまで多くの全制型入所施設を全国各地に作ってきています。育成会もそうですし自閉症協会もそうです。

 こうした親が作った施設の関係者は、利用者(入所者)も高齢化しているところがありますが、少なくとも作った親たちは例外なく高齢化しています。そうしたところでは、ひとつの施設の関係者全員の共通課題として、「親なきアト」が現実問題として登場しています。

 私はあちこちで「後見申立ては慎重に環境を整えてから行うべきだ」とか「法人後見か個人後見か、これは個人後見を基本にしよう」などとお話しさせていた だいているのですが、高齢化した入所施設の関係者の方の中には、そんな悠長なことは言っていられない、そんな感想をお持ちになる方がおられるかもしれませ ん。
 「いま目の前に現実が迫っている、厚生労働省の通達による保護者・親の代理も、親がいればこそだ。親が死んでしまっては契約もなにもありえない。措置もない。どうするんだ」。そういう声が聞こえてきそうです。

 バックアップ法人に支援された複数後見や後見以外の複数の制度を組み合わせて、いろんな社会資源の中での後見利用ができる環境づくりを急いで行う必要があると提案しているわけですが、急ぐ親御さんにはなかなか浸透しにくいように感じています。

 さて、迫りくる現実を打開するために、入所施設の運営法人自身が、利用者の法人後見受任を始めるらしい、そんな話しがあります。当然、利益相反の問題を クリアする必要があります。そこで地域社協を後見監督人にする。また運営の適正を計るために弁護士を含む委員会を法人内部に設置する。裁判所も、そうした 内容で法人後見を認める意向であると聞きました。

 この法人後見が裁判所から認められると、全国にある親の高齢化に悩んでいる入所施設は、雪崩を打って同じ申立てをする可能性があります。それほど急ぐ親と施設にとっては魅力的なやり方だ思うからです。どこが魅力的なのか。

1) まず、後見人の費用問題が発生しません。発生するのかもしれませんが、利用施設の利用料の中に解消し、混在化してしまいます。裁判所に後見報酬の請求をしなければそれでいいだけのことです。
2) さらに、事業主体自身が後見法人になるのですから、後見のための新しい法人を設置する必要がありません。

3) 次に、年金や預金管理についても施設が管理する大義名分ができます。実際に個人後見がついた場合であっても、管理は施設まかせという例は結構あるも のです。後見人は施設の管理をチェックする存在でしかない場合が多いのでしょうが、この形態ではそのチェックもなくなります。そこで弁護士を入れた運営委 員会を内部に設置しようということでしょう。

4) 親がなくなって、相続人がいなくなった障害者が、親が死亡したあとに、さらに死亡した場合、その人の年金からたまった預金や財産はどこへいくのか?  これも現在は、なぞだらけの世界ですが、施設が後見人になっていれば、施設が特別縁故者としてきちんと継承し、施設運営のために有効活用できる可能性が 広がります。

5) 親も自分の財産を法人に寄付しやすくなるのかもしれません。なにせ社会福祉法人ですから寄付についての税制面での優遇措置があるでしょうし、後見人 として自分のアトを託す相手ですから心情面でも寄付しやすくなります。(実際、死期が近づいた親で信頼する施設長に自分の全財産を託したいと申し出る方 は、ちょくちょくいらっしゃるようです)。

6) 利用者がなにか問題を起こした場合(たとえば、外出中に第三者に怪我をさせた/させられたとか、施設内の設備を壊したなど)、施設が後見人であると、格段にその処理がやりやすくなります。代理権がありますから。

 どうでしょうか。みなさんはどう思われますか。私は、この話を聞いたとき、即座に「危ない」と思いました。危ないと思う理由はいくつがあります。次にそれを書いて終わりにしたいと思います。
 続く

|

« 入所施設の法人後見 2 | トップページ | 入所施設の法人後見4 »

障害者後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/13794007

この記事へのトラックバック一覧です: 入所施設の法人後見3:

« 入所施設の法人後見 2 | トップページ | 入所施設の法人後見4 »