« 嘘の効用 | トップページ | 後見人口座 »

2007/04/28

鹿政談

 末広先生の「嘘の効用」は、不朽の名著だと思います。大正デモクラシーの息吹も感じます。
 ところで、この文章で末広先生が主張したかったことは、もちろん「嘘をついていい」ということではないでしょう。事件の実相を見て、法の形式的な適用を排除せよ、こういう主張かと私は、理解しています。

 

形式的・機械的な法の適用を行うことが、人間的に間違った結論に到達すると思える場合、裁判官・法律家は「嘘」を駆使して妥当な結論を導こうとする、そうした法使用を真正面から認めて、かつ恣意にならないような仕組みを研究するべきだ、こう主張されているのでしょう。

 大岡越前守の裁判は、なにゆえに人情の機微をうがった名裁判だといわれるのであろうか。一言にしていうと、それは「嘘」を上手につきえたためだ、と私は 答えたいと思います。嘘は善いことだとか、悪いことだとかいう論はしばらく別として、大岡越前守が嘘つきの名人であったことは事実です。そうして上手に嘘 をつきえてほめられた人です。大岡政談を読んでごらんなさい。当時の法律は、いかにも厳格な動きのとれないやかましいものであった。それをピシピシ厳格に 適用すれば、万人を戦慄せしめるに足るだけの法律であった。しかも当時の裁判官はお上の命令であるところの法律をみだりに伸縮して取り扱うことはできぬ。 法律は動くべからざるもの、動かすべからざるものであった。この法律のもとで、人情に合致した人間味のある裁判をやることはきわめて困難な事柄です。しか も大岡越前守はそれをあえてしたのです。しかも免職にもならず、世の中の人々にも賞められながら、それをやりえたのです。

 しからばどうしてそれをやりえたか。その方法は「嘘」です。当時の「法律」は厳格で動かすことができなかった。法を動かして人情に適合することは不可能 であった。そこで大岡越前守は「事実」を動かすことを考えたのです。ある「事実」があったということになれば「法律」上必ずこれを罰せねばならぬ。さらば といって罰すれば人情にはずれる。その際裁判官の採りうべき唯一の手段は「嘘」です。あった「事実」をなかったといい、なかった「事実」をあったというよ りほかに方法はないのです。そうして大岡越前守は実にそれを上手にやりえた人です。

 

 私は、この議論では、大岡越前守の話より、鹿政談をすぐに思い浮かべます。ご存知の方も多いと思いますが、神鹿と呼ばれる奈良の鹿を殺した豆腐屋を、時の奈良奉行が、鹿でなく犬であると認定して無罪放免にする話です。インターネットでは下記のサイトにあります。

http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug112.htm

 このサイトによれば、件の奈良奉行が、曲淵甲斐守(まがりぶちかいのかみ)という名前になっていますが、私が昔聞いた桂米朝の話では違う人であったよう な気がします。別のサイトでは、根岸肥前守という標記もあります。まあ、そんなことはどうでもいいでしょう。大岡越前守の話も歴史的真実であるかどうかは 問題ではない、そのような裁判を人々が高く評価していることこそ重要なのだ、と末広先生も喝破されていますから。。

|

« 嘘の効用 | トップページ | 後見人口座 »

sho民訴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/14876945

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿政談:

« 嘘の効用 | トップページ | 後見人口座 »