« 後見利用の統計数字 | トップページ | 医療観察法についての最高裁決定 »

2007/07/28

ボク流でいいのだ

夏休みの定番といえばプール。あちこちのブログに関係する記事が載っていた。


まずはこのブログにもちょくちょくおいでになるMOMOさん。お子さんが、25Mを泳ぎきったという。
http://diary.jp.aol.com/bfkxuuhuqg4n/621.html
ペンギン泳法というらしい。手は体の後ろにある。足のキックだけで泳ぐのである。とてもすばらしい。

そんな関連でつぎの記事を見つけた。こちらはなんとギネスをねらう両手のない方の泳ぎの話。バタフライ選手にもそんな人がいるらしい。
http://rate.livedoor.biz/archives/50400636.html

 我が家の場合、水の上にフワーと浮かぶ、これをふし浮きというが、これはなんとかできる。しかし、手を前に持っていくことがなかなか難しい。いや正確に言 うと、両手を前にだして、フワーっと浮かぶのであるが、一度、手を後ろにかいてしまうと、もう一度、前に戻すことができない。だから泳ぎが持続しない。
 わたしもなんとか教えたいと思うのであるが、私自身のこだわりがどうにも強く、泳ぎといえば4泳法(バタフライ、クロール、背泳ぎ、平泳ぎ)が念頭に浮か ぶ。なんとかその泳ぎを教えようとして、拒否されてしまう。ふし浮きの次はキックだなんて思ってビート板を渡しても、そうそう順番どおりに泳いでくれるも のではない。ビート板ごと手を後ろに持っていかれて終わり、なんてことになる。
 泳ぎ方なんてなんでもいいのであって、本人が楽しければいいのだと思うのであるが、「本人が楽しく」思う泳ぎ方について、なんともこちらの想いが届かない。

 そんなこんなで、上記のような記事をみるととってもすばらしいと思う。こんどイカ泳ぎとか教えてみようかなんても思うが、教えるという発想から一度、脱却することもいいかもしれない。夏休みの父親の一言であった。
毎年、夏になるとおんなじこと書いているような気もする(苦笑)。

|

« 後見利用の統計数字 | トップページ | 医療観察法についての最高裁決定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「イカ泳ぎ」をMOMOさんと共有できるとは光栄です。ほかにもいろいろあるのですが、ペンギン泳ぎは知りませんでした。
NANAくん、5回はすごい。もっと距離が伸びますよ。元気な小学生ですからねえ。
うちの次男は、もう高校生なのでいまさらプールなんて連れていくなよ、って感じになっていますが、私自身が初めて25M以上泳げたのが30歳すぎてからです。まだまだ可能性を捨てていません(くどいとは思いますが・苦笑)。
さあ、ことしも泳ぐぞ、っていいながら私も今日は大学出勤してます。同じく定期試験です。

投稿: satosho | 2007/07/28 15:59

トラバありがとうございます。
今日は、夫も私も定期試験監督のため、朝から仕事でしたが、NANAは、私の父に頼んでプールに連れて行ってもらい、25メートル×5回を披露したようです。得意げなNANAの顔、NANAの「独特な」泳ぎを見て少し戸惑っている父の顔が目に浮かびます(私の父は、体育会系ですから)。私は、30年前の集中レッスンの成果として「25メートルのクロールもどき」しかできませんので、一般のプールで娯楽のために泳ぐには適しません。だから、いつも「イカ泳ぎ」(手足ぶらぶら)です。

投稿: MOMO | 2007/07/28 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/15925385

この記事へのトラックバック一覧です: ボク流でいいのだ:

« 後見利用の統計数字 | トップページ | 医療観察法についての最高裁決定 »