« PASネットとの合同講演会 | トップページ | 新司法試験の合格発表 »

2007/09/12

政治と訴の取下げ?

 安倍さんが辞めましたねえ。今日は日本全国いたるところがそのニュースです。私も思わずテレビに釘付けになってしまいました。
 タイミングが理解できないとか、「早すぎて、遅すぎる」とかいろんな評価が飛び交っています。それはそうなのでしょう。

 安倍さんが首相に就任するときに、私は思ったことがあります。それは、若すぎないか、ということです。若いからダメだと いうことではありません。老練な人たちのたむろする政治の世界で、おいおい大丈夫か、という類の(同年輩の)心配です。民主党の若い政治家は、血気盛んに代表選に打って 出て、代表になった末に国政の場でいずれも周辺のスキャンダルや選挙の敗退で退任しました。その結果、若い世代の活動にずっと沈黙していた(つまり積極的にサポートしていないという意味です・足をひっぱたということはないと思いますが)民主党の老練な政治家がトロイカ体制を組んで、国民の信頼感を勝ち得ています(多分・自信なし)、そして、 そこへ敗退した若い政治家たちも一応組み込まれています。これは、いろいろあったあとの挙党体制でしょうね。

 さて、自民党です。小泉さんが辞めて安倍さんになるときに福田さんはそもそも立候補すらしませんでした。小泉さんも余力を残して辞めています。しかし、辞め た後、次世代を応援しているかといえばそうでもありません(これは評価が分かれるでしょうね・若い世代への影響力を行使しない態度ということですから)。 でも、いまの自民党で本当にリーダーシップを握っている人は誰なのでしょうか。私にはどうもよく見えません。民主党の方は、若い世代が失敗したあと、老練 な安定感のある政治家が舵取りをしていますが、自民党はそうなるのでしょうか。私達市井の人間は見守るのしかないのかしれません。

 ところで、今日の安倍首相の退任表明を聞いていて私は、なぜか民事訴訟法を頭に描きました。次の条文です。

(訴えの取下げ)
第二百六十一条  訴えは、判決が確定するまで、その全部又は一部を取り下げることができる。
2 訴えの取下げは、相手方が本案について準備書面を提出し、弁論準備手続において申述をし、又は口頭弁論をした後にあっては、相手方の同意を得なければ、その効力を生じない。ただし、本訴の取下げがあった場合における反訴の取下げについては、この限りでない。
 

まあ、要するに相手方が準備をした以上は訴の取下げはできないんだよ、という規定ですが、今日のニュースを聞いていると、「所信表明演説が終わった段階でな んで辞めるんだ」という批判は、与党・野党問わずに出ています。これは、上記の民訴の条文からは、そうなんだろうなと思います。結局、本会議は流れtれて代表質問もなくなったわけで、相手に質問の準備をさせて おいて、それでいで突然、やめた、なんていわれたのでは、相手は「こっちの準備はなんだったのだ」というわけです。手続き的な利益の保証ですね。

 安倍さんは、今日、野党の小沢党首に会談を申し入れたということですが、これは、「私は辞める、ついては民主党の準備を無駄にするけど申し訳な い」:という申し入れをするつもりだったのかもしれません、あるいは、そっちは準備しているかもしれないけど、その準備の方向がこっちの意にそわなければ 無駄にするぞ、と伝えるつもりであったのかもしれません。後者であれば、やはり手続的にはフェアーでないということになりそうです。

 民訴の訴の取下げの規定からみるとそんな風に、今日の政治的(ドタバタ)混乱は見えます。さてここ数日は、どうなりますやら。 

 それにしても、今日のニュースを見て、民訴の条文を紐解いたのは、日本の中で私ぐらいだろうなあ(多分)。
 では。あ、それからこの記事は13日午前1時(つまり12日の深夜)に書いていますので、内容から分かりやすいように12日の設定にしています。

|

« PASネットとの合同講演会 | トップページ | 新司法試験の合格発表 »

sho民訴」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

何で安部辞任のニュースを見ながら、訴の取下げを考えてしまううだろう、やっぱり民訴の教師なんだなあ(苦笑)。
そうでしたね、今日は新司法の合格者の発表でした。いやはや、つらいなあ。学生達もどきどきしているでしょう。

投稿: satosho | 2007/09/13 14:25

面白い分析ですねぇ、「訴えの取下げ」・・・確かに、相手にそれなりの準備をさせたうえで「や~めた」はいけません。
今日は発表の日ですね。全国のローの責任者の中には、「安倍さんのようにやめられたらなぁ」と内心思っておられる方もおられるかもしれません。

投稿: MOMO | 2007/09/13 13:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/16430968

この記事へのトラックバック一覧です: 政治と訴の取下げ?:

« PASネットとの合同講演会 | トップページ | 新司法試験の合格発表 »