« PCうんざり | トップページ | 理想の弁護士はいない。。でも »

2007/09/04

2回試験の不合格者

 あんまり時事ネタは扱わない方針だが、これはコメントしよう。司法研修所の2回試験(修了試験)で、71人が不合格だそうだ。なぜ、これがニュースになるのだろう。


http://www.asahi.com/national/update/0903/TKY200709030367.html
 やはり、難関の司法試験を突破した人が(今回のニュースの対象者は、いわゆる旧司法試験組である)、研修所の修了試験を落ちることが意外感を与えるのだろう。
 だが、研修所に入った人の中で、修了できない人は、昔から存在しているらしい。不合格者も数名規模であるが、毎年いた。それよりも、過去においては、事 前に教官が「肩たたき」をして、試験を受けさせなかった(あきらめさせていた)らしい。また、勉強の不足している人には、補習的に自主ゼミを組んで教える なんてこともしていたらしい。
 肩たたきを受けた人の数と、いまの不合格になった人数との比較は難しいが、少なくとも、いまは「肩たたき」や「補習」をやっていないことが、このニュースから窺えることである。修習生の数が増えて、教官も大変だということなのだろうか。
 しかし、「俊英」を集めておいて丁寧に教えることができないのか、あるいは、法曹になるのはそんな厳しいのか、そのような感想が市井にあるように思える。だからニュースになるのかなあ、と思う。

関連ブログ
町村さんのブログ

|

« PCうんざり | トップページ | 理想の弁護士はいない。。でも »

法と弁護士」カテゴリの記事

法学教育など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/16340223

この記事へのトラックバック一覧です: 2回試験の不合格者:

« PCうんざり | トップページ | 理想の弁護士はいない。。でも »