« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/31

ゆく年、くる年

 ことしもあとわずか。あっという間に過ぎた一年でした、と同時に、ずいぶんいろんなことがあった一年でもありました。昨年の年末にもその年を振り返っているので、今年も同じように振りかえっておこうと思ったのですが、ゲンナリくるような事件に関与してしまったり、世の中にはまだまだこんな人たちもいるんだと50歳を過ぎてあらためて化石のような人間模様を見たりしたので、個別の詳細を書くことはことしはできないです(苦笑)。
 家族は、つつがなく暮らしているということだけを書いておきましょう。

でも、新しい年に向けていくつか::(以下、ヒマのある人だけがお読みください)

続きを読む "ゆく年、くる年"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/29

知らない間に勝訴

旧聞に属する話であるが、こんなこともあるもんだ、という話をメモしておきたい。夏休み前に書いたつもりだったが、書き落としていた。法曹倫理と民訴の双方に関わる話である。


続きを読む "知らない間に勝訴"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/12/25

信託業法の改正4(終)

 この問題について何回かこのブログで言及したが、一番書きたかったことを書いておきたい。過去の書き込みは以下である。
信託業法の改正1       

 

続きを読む "信託業法の改正4(終)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

「医療崩壊と司法の論理」

 これは早稲田大学の紛争交渉研究所というところが主催している一連のシンポジウム「対話が拓く医療」の4回目として実施されたものである。昨年の10月14日の第1回にも参加したが(そのときの様子はこちら)、 このときは「医療安全とリーガル リスク」がテーマで、どちらかといえば医療の外側の人間としてお話させていただく気楽さがあった。

続きを読む "「医療崩壊と司法の論理」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/11

法学会

法律系の学会設立が続いている。臨床法学会なんてのは、あたらしい時代に対応したものだと思うが、消費者法学会というのは、え、いままでなかったの?、というのが正直な感想。

http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2007/12/consumer_4eb4.html

続きを読む "法学会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/04

銀行の査定資料と文書提出命令

判例の報道は、やはり新聞が一番早い。今日の朝日に掲載されていのが標記の記事である。

銀行の「査定資料」、外部も利用可 最高裁が初判断 朝日新聞 2007年12月04日

続きを読む "銀行の査定資料と文書提出命令"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/02

S30

 

あっという間に12月になった。最近だんだんと更新が減ってきていて先月はほとんどかけていない。その天罰だろうか。昨日、愛用のパソコンを壊してしまった。

続きを読む "S30 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »