« 近況 | トップページ | 浦安事件控訴審判決(補助参加など) »

2010/03/25

浦安事件控訴審判決

 24日は障害者関係の判決が二つ報道されていた。ひとつは自立支援法訴訟の和解。これは長妻厚労大臣が就任早々に和解路線を表明していたので、いわば既定路線。
 もうひとつの大きな判決が標記の事件。当ブログでも地裁判決にコメントをつけたことがある。
http://www.satosho.org/satosholog/2008/12/post-e3c7.html

まずは記事から。時事

新たにわいせつ行為認め賠償増額=浦安市元教諭虐待訴訟-東京高裁
 千葉県浦安市立小学校の特別支援教室に通っていた小学6年当時、担任だった元教諭の男性(50)=依願退職=から暴行や性的虐待を受けたとして、知的障 害のある女性(18)と両親が計約2000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が24日、東京高裁であった。一宮なほみ裁判長は、一審が退けたわいせ つ行為を新たに認め、市と県に計60万円の賠償を命じた一審判決を変更し、計330万円の支払いを命じた。
 一宮裁判長は、一審が認定した虐待行為に加え、元教諭が女性の胸などを触ったり、自分の下半身を見せるなどしたわいせつ行為を新たに認定した。その上で、特段の配慮が必要な特殊学級で、理解能力が劣る女性への虐待は許し難いと述べた。


 結果論としてみれば、被告となった浦安市と千葉県は控訴しない方が良かった、ということになる。結果論ではない控訴前の私のコメントを繰り返すと「控訴 するメリットがない」のに、あえてリスクを負担することになんの意味があったのか私には、わからない。政治的な判断といったところだろうか。そうだとすれば、浦安市や千葉県は、さらに上告するのだろうか。
 本件の裁判上の争点は法律問題ではない。猥褻な虐待行為があったのかなかったのか、その事実の認定である。そこを法律審である最高裁で争うのは難しい。争うとす れば、経験則違背、つまり事実認定の手続きがおかしいとかいった主張になるのだろうが、被害をうけた子供達の証言を信用するのか、信用しないのか、その証言採取のプロセスについて明確なルールが定まっていない我が国の現状では、事実審裁判官の証拠評価がおかしいと最高裁が判断する可能性はきわめてすくない だろう。そもそも上告が受理されないのではないか。もし受理されたら、発達障害を持つ児童の証言の信用性について最高裁が審理することになり、なんらかの判断がでれば、それがどのようなものであれ初判断になるだろう。
 なお痴漢冤罪事件最高裁判決(最判平成21年4月14日)のように事実審の認定に疑問を挟む例もある。しかしこの最高裁判決は刑事事件であって、本件で は刑事事件ではすでに無罪が確定している。

|

« 近況 | トップページ | 浦安事件控訴審判決(補助参加など) »

PA」カテゴリの記事

sho民訴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/47902548

この記事へのトラックバック一覧です: 浦安事件控訴審判決:

« 近況 | トップページ | 浦安事件控訴審判決(補助参加など) »