« 今週はダメでした。 | トップページ | ツイッター考 »

2010/05/24

千葉県の準強姦事件 実刑判決

以前お伝えした千葉県長生郡・青松学園での知的障害者への準強姦事件ですが、地裁判決がでたようですね。懲役4年6ヶ月の実刑判決です。
以前のブログ

 新聞報道が出た時点では、すでに刑事審理の最終段階で、求刑8年でしたが、その後、示談(400万円)が成立したので、検察が求刑を1年少なくし、7年の求刑に対して4年6ヶ月の実刑となったようです。軽減しても7年の求刑というのは、執行猶予を付けるなという検察側の強い意思でしょうね。

毎日新聞の記事(個人名省略)

 重度の知的障害を持つ20代の女性入所者に性的暴行を加えたとして準強姦(ごうかん)罪に問われた千葉県白子町の元障害者支援施設職員に、千葉地裁(安東章裁判長)は21日、懲役4年6月(求刑・懲役7年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、被告は09年1月ごろ、同県一宮町の民間施設「青松学園」で、知的障害のため意思表示できない女性に性的暴行を加えた。女性は妊娠し同8月に死産。DNA鑑定で父親が被告と判明した。

千葉日報の記事

 判決言い渡し前、弁護側は、被告が女性に賠償金400万円を支払って示談が成立したとして、弁論の再開を請求。検察側は、求刑を懲役8年から1年引き下げた。


 まえにも書きましたが、この事件、同姓介護を実施していない施設の運営責任が一番問われるべきことがらだと思っています。全国の施設で、同じような問題がないのかどうか、点検されるべきです。この男性職員が実刑になるかどうか、それは職員ご本人にとっては重大な問題ではあるでしょうが、介護現場の問題としては、同性介護の運用実態の点検と改善の方が重大です。
 それにしても、事件が報道されるのが遅すぎる・・・。事件が発生したのが神奈川のケアホームにおける準強姦と同じ時期ですが、神奈川は報道ももっと早かったし、施設の対応も明確でしたね。

|

« 今週はダメでした。 | トップページ | ツイッター考 »

PA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/48446259

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県の準強姦事件 実刑判決:

« 今週はダメでした。 | トップページ | ツイッター考 »