« 京阪奈丘陵 法と倫理のコラボ | トップページ | 皆勤週 »

2010/06/24

韓流虐待報道

友人からの情報です。

●小学6年男児ら、障害持つ女児にわいせつ行為/蔚山
http://www.chosunonline.com/news/20100623000040

●障害者虐待・障害手当て横取りした施設摘発
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=2&ai_id=116496

 どこの国でも似たような話があるんだなあ、と思いますが、記事から読み取れるところでは、事件発覚のあとの対応が違うように思います。
 日本だと、施設虐待が発覚したあと、「閉鎖」という判断はしないで、「改善」を当局が考えるのではないかなあ。それは、その施設に入っている人たちの家族も、当局も、職員も、施設がなくなると困るからです。虐待を受けているご本人のことよりも、周りの都合がでてきます。いままで日本で虐待報道がでた障がい者施設で、閉鎖になったところ、ありましっけ?
 それから小学校の話は、日本だと事件として扱わないのではないでしょうかね。うやむやのまま、学校内だけで処理してしまうように思います。

 韓国と日本、事件自体は似たようなものですが、事後対応がずいぶん違うように思います。もちろん、私は韓国の方が、好ましい対応だと思います。法科大学院の造り方といい、こうした問題の扱いといい、日本は、完全に韓国に遅れています。サッカーだけではないですよ。

|

« 京阪奈丘陵 法と倫理のコラボ | トップページ | 皆勤週 »

PA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/48709858

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流虐待報道:

« 京阪奈丘陵 法と倫理のコラボ | トップページ | 皆勤週 »