« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/30

長野市の権利擁護

土日にかけて長野市に行ってきました。全国権利擁護支援ネットワークの中部東海北陸ブロックのファーラムが開催されたので、それに参加したのです。
翌日は、全国ネットの運営委員会、総会が開かれお昼には解散という次第でした。

全国からいろんな人が集まっていて、楽しい会議でした。懇親会で飲み過ぎて二日目はきつかったのですが、関係者のご助力をえて、スケジュールをこなしたところです。地元にはアドボネットながの、という権利擁護のネットワークの団体がありますが、こちらの代表の弁護士の方、あるいは岡山のネットワークの代表弁護士の方と、それぞれの地域で福祉関係者と連携を密にされている弁護士の方々とお話することができたことは、私にとって収穫です。前に鳥取にいったときもそうした弁護士の方とお会いしましたが、それぞれの地域で熱心に活動されている法曹の方々は、ちまたの想像以上に多そうですね。ただ日弁連レベルでいえば、多数派とはとても言い難く、地味で、あまり目立たないようです。これは弁護士同士の連携の問題でもあるように思います。

意外なことかもしれませんが、福祉のネットワークである全国権利擁護支援ネットワークが、司法の情報交換にも意味をもつのかもしれませんね。

フォーラムの模様を伝える信濃毎日の記事です。
成年後見制度の在り方は? 長野で権利擁護支援フォーラム/長野

もう済んでしまったことなのですが、当日のプログラムは、次のサイトからどうぞ。http://asnet-japan.net/index.html



日曜日に、船橋に帰宅して、夕方からドライブにでました。よるの首都高はまた一興です。スーパー銭湯に息子と一緒につかり、ようやくほっとしたひとときです。
ドライブ中も夜寝るときも、虫の鳴き声がやかましくなっています。昼は猛暑が続いていますが、夜は確実に秋が近づいていますね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/25

司法修習、8人に1人落第(旧司です)

こんなニュースが流れてました。

http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082401000946.html

司法修習、8人に1人落第 7月の卒業試験、過去最低

 最高裁は24日、司法試験に合格した修習生が法曹(裁判官、検察官、弁護士)資格を得るための7月の卒業試験で、受験者223人に対し、合格は195人にとどまり、約12・6%に当たる28人が不合格だったと発表した。8人に1人が落第した計算で、合格率は過去最低だった。

 現在の司法試験は法科大学院出身者対象の新試験と従来の旧試験が並行して実施され、修習期間も異なる。今回の卒業試験は主に2008年の旧試験合格者が対象。受験者のうち75人は過去に不合格となった再受験組で、うち21・3%の16人が再び落第。初受験の148人に限れば不合格者は8・1%の12人だった。

 

いったい司法研修所でなにが起きているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/17

選挙権話題(続々)

知的障害者や認知症高齢者の方々の選挙権行使についての話題は、国政選挙のたびに支援者が逮捕されるニュースとともに人々の認識するところとなるが、今回の参議院選挙の後は、報道がいつもより長引いているような気がする。

まえの記事
選挙権話題(続)
認知症の方の選挙権 

上記アップ以降次の記事がある。

○知的障害者への投票干渉「止めるの難しい…」 県内選管、対応に苦慮
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20100716/351925

●不正広がる入所者投票
http://mytown.asahi.com/yamanashi/news.php?k_id=20000001007160003

以上は7月の記事であるが、8月に入って記事がある。

http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/20100813ddlk19070026000c.html

私は、現場の選挙の方法がどうなっているのか、もうすこし明らかにする必要があると同人い、基本原則である「能力存在推定」を徹底すべきであると思う。
能力存在推定とは、その人に判断能力がないと明確に判断する理由がない限り、かかわるまわりの個人の判断で「能力がない」と判断してはならないということである。これはイギリスの2005年のメンタルキャバシティアクトで明確の位置づけられた原則で、世界的に尊重すべき考え方であると思う。
今回のあちこちでの逮捕劇を仄聞するに、現場の立会人(どうも警官らしい)の一存で、投票所に来た人の選挙能力がないと(選挙権があるにもかかわらず)判断するケースが今後、でてきそうな気がする。それは、重大な権利侵害である。早急に議論を詰める必要があるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/11

おかげさまで(続)

7月22日に子供の通所無欠勤記録が続いていると書きましたが、まだ続いています。もう完璧にレコードですね。8週間になりましょうか。
 7月22日の書き込み

本人も家族も安定してきています。こんどは次の展開を考えたいところです。というわけでもありませんが、Ipadを購入しました。これをなにか療育に利用できないか、と思っているのですが、いまのところまったく利用できていないです。ただなんか可能性を感じますね。Iphoneも注文中ですので、いずれなにか考えたいと思います。まずは、一分間まつとか30秒まつとかいう、タイマーを表示させたいのですが、アプリがどこにあるのかわからなくて。。。これも含めて、有用アプリがあったら教えていただけると、とてもありがたいです。

さて、今週の日曜は、朝7時からドライブに出ました。寝ぐるしかったので起きていたのですね。私もです。

 朝の首都高はさすがに空いていますね。そこで、レインボーブリッジのPA(芝浦パーキングエリア)に寄ってみました。過去なんどか寄ってみたことがあったのですが、子供が車から降りないので、立ち寄ることをこのところやめていたのです。でもこの日は朝でもあるし、時間もあるので、と駐車場に車を止めたらなんと、下りたのですね。見えないところにあるコンビニに行って休憩してドライブ継続です。これで立ち寄りスポットが一箇所増えました。プールもスーパーも銭湯も、どこもかしこも、朝はやっぱり空いています。こんどまた試してみたいですね。

 早起きは、一文の得

Nec_0003

Nec_0004


上の写真は、芝浦パーキングエリアの休憩場所からみた東京湾とレインボーブリッジです。ここから歩いて遊歩道にでられないのかなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »