« 選挙権話題(続々) | トップページ | 長野市の権利擁護 »

2010/08/25

司法修習、8人に1人落第(旧司です)

こんなニュースが流れてました。

http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082401000946.html

司法修習、8人に1人落第 7月の卒業試験、過去最低

 最高裁は24日、司法試験に合格した修習生が法曹(裁判官、検察官、弁護士)資格を得るための7月の卒業試験で、受験者223人に対し、合格は195人にとどまり、約12・6%に当たる28人が不合格だったと発表した。8人に1人が落第した計算で、合格率は過去最低だった。

 現在の司法試験は法科大学院出身者対象の新試験と従来の旧試験が並行して実施され、修習期間も異なる。今回の卒業試験は主に2008年の旧試験合格者が対象。受験者のうち75人は過去に不合格となった再受験組で、うち21・3%の16人が再び落第。初受験の148人に限れば不合格者は8・1%の12人だった。

 

いったい司法研修所でなにが起きているのでしょうか。

|

« 選挙権話題(続々) | トップページ | 長野市の権利擁護 »

法学教育など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/49245929

この記事へのトラックバック一覧です: 司法修習、8人に1人落第(旧司です):

« 選挙権話題(続々) | トップページ | 長野市の権利擁護 »