« 民訴判例百選第4版 | トップページ | 保育園の動静把握義務ならびに事故対応 »

2010/10/27

信頼獲得合戦

 障害者福祉の世界では、「軽度の方の権利擁護支援は大変だ」という話は常識に属する。なぜ大変かというと、ご本人の社会性が高く活動力があることと、自己の意思をかなり明確に述べることができるからである。いずれもすばらしいことなのだが、社会性があるために社会の方で「あまいささやき」や「おいしい話」をねたに、さまざまな誘惑をするヒトが多く、簡単に(はたからみて)愚行に引き込まれることがあり、その愚行を自己決定として譲らないからである。

 後見類型より保佐や補助レベルの方の成年後見支援がより手間がかかり大変であると言われる原因は、ここにある。保佐人や補助人、あるいは後見を利用していない場合は、支援者が愚行に走ろうとするご本人を「救おう」とするが、救われるはずの本人がそれを拒否し、しかも加害者と思われるヒトの方を信頼して、救おうとするヒトの意見に耳を貸さない、そんな風景が日本のあちこちで展開されている。場合に寄れば、救おうとするご本人から罵倒され、「権利侵害だ」と糾弾されることもある。昔、悪徳事業者からカネを巻き上げられる傾向のあるご本人を守るために厳しい金銭管理をした施設支援者が、その悪徳業者から自治体の障害福祉課へ「あの施設は権利侵害している」と通報された、という話を聞いたことがあるが、権利擁護のシステムが完備していないとそんなことは、あちこちで繰り返されているに違いない。

なぜ加害者の方が信頼されるのか。
 加害者は、楽しい話、おいしい話、甘いささやき、耳障りのよいコトバを並べ、かつ多くの場合、まめに本人と接触している。そのマメさと話法は、権利擁護支援者の側でも勉強した方がよいと思う。が、実際は、補助人や支援者は、絶望的な報酬の中でおおくの案件をかかえ、しかもご本人にとって辛口の台詞、耳の痛い話を言わざるをえない。これでは勝負にならない。加害者と支援者の間で繰り広げられる信頼獲得合戦は、多くの場合、支援者側の敗退で終わる。そして、目の前で本人が被害の深みにはまっていく様子を、悔しい思いをしながら見せつけられることになる。

 やがて本人がぼろぼろになって被害に気がつき、支援者のところに戻ってくる場合は、まだいい。そのまま路上生活、触法行為、音信不通で行方不明などの状態になってしまっては、権利擁護のコトバが虚しい。権利擁護の世界では、「自己決定による自己責任だ」という突きはなしは、敗者の弁なのである。

 最近、立て続けに軽度障害者の支援の苦労を周辺で聞いたり経験している。先週も今週も、現場や会議で聞いた。それは相談であったり報告であったり、場合に寄れば交渉実践を伴うことにもなるが、その手法は、訴訟実践などよりはるかに複雑で、難しい。アドボカシーの専門性が要求されるところである。
 
 ともあれ、権利擁護のネットワークを広げ、相談支援、生活支援、法的支援の各フィールドで、ご本人の周りに人垣を作っていることが基本になる。そして、その人たちがハラハラドキドキしながら、愚行を見守り、ときには介入し、ときには突き放し、ときには加害者と交渉し、ときにはご本人とケンカもしながら、人垣で支援をしていく。一人ではとてもできない活動である。すごいアドボカシー実践者になると、加害者を支援者にしてしまう。見事な人が実際にいる。

 このような活動をむかし「せめぎ合い」と呼んだことがあるが、あまり良いコトバではないなあと最近では思っている。歌舞伎型支援というコトバで最近では説明しているが、そんなことをブログに書いても「?」と思う人の方が多いだろう。まだ目の前で展開されているすばらしい活動や苦労を表現するコトバを見いだせていない。が、コトバがないだけで、そのような活動は確実にある。

 そのことを人々に伝えたい。まだまだ権利擁護で語らなければなんないことは多い。そして、その経験は私の人生をとても深いものにしてくれているように思う。感謝すべきである。が、ちと疲れている。

|

« 民訴判例百選第4版 | トップページ | 保育園の動静把握義務ならびに事故対応 »

PA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73618/49856950

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼獲得合戦:

« 民訴判例百選第4版 | トップページ | 保育園の動静把握義務ならびに事故対応 »