« 2011年7月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/13

成年後見支援信託

成年後見支援信託についてのメモです。

この制度、最高裁が今年2月に4月から実施すると突如発表したところ、関係専門職団体からの反対を受けて実施を延期していたものですが、10月に入って関連団体との協議が整ったとして、来年2月の実施を再度発表しています。

雑誌wedgeの記事
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1553?page=1

ベムさんの雑記帳
http://d.hatena.ne.jp/bem21st/20111022/p1
 

下記は専門職団体の最新の意見です。

日弁連(10月18日づけ)
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2011/111018_3.html

公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート(10月19日付け)
http://www.legal-support.or.jp/notice/detail/id/487/

日本司法書士連合会(10月26日づけ)
http://www.shiho-shoshi.or.jp/association/info_disclosure/statement/statement_detail.php?article_id=48


大阪弁護士会意見書(10月17日づけ・PDFに直接アクセスします)
http://www.osakaben.or.jp/web/03_speak/iken/iken111017.pdf

日本社会福祉会(11月6日づけ)
http://www.jacsw.or.jp/15_TopLinks/oshirase/files/kokei.pdf


 これら4団体の協議の対象となり、結果としてまとめられている最高裁の今後の制度設計方針である「後見制度支援信託の目的と運用(イメージ)」は、メディア等や上記団体意見の中では10月27日に公表されたとしていますが、一般には今日の段階(11/11/13 Sun)で公表されていません。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/11/12

権利擁護支援フォーラムin かわさき

ブログ更新を怠っていました。取りあえず宣伝です。

◆権利擁護支援フォーラムin かわさき~障害のある人の自立生活
 と権利擁護~
 (全国権利擁護支援ネットワーク)

 地域の権利擁護支援ニーズは確実に広がっている中で、ようやく
障害者虐待防止法が成立しました。今年度の全国権利擁護支援ネッ
トワーク関東ブロック地域フォーラムは、川崎市内の「親の会」五
団体で構成されたNPO法人かわさき障がい者権利擁護センターが中
心となり、障がいのある人たちが地域で安心して暮らすための取り
組みについて、各地からご報告とご提言等をいただき、ここ川崎市
で障がい者の権利を守り、障がい者が自立生活を営むための支援方
法としての「成年後見制度」について考え、いま私たちでできるこ
と、しなければならないことについて活発な意見交換を行います。

1.日 時:平成23年12月24日(土) 13:15~(12:30受付開始) 
2.場 所:川崎市総合福祉センター(エポック中原) 7階大会議室
3.参加費:無料
4.定員:180名
5.主 催:全国権利擁護支援ネットワーク 
6.協力:NPO法人かわさき障がい者権利擁護センター 
7.申込締切:平成23年12月10日(土)
詳細については後日以下の全国権利擁護支援ネットワークのホーム
ページに掲載予定です。
http://www.asnet-japan.net/
8.お問合せ先:PASネット西宮事務所
 E-mail info@hn.pasnet.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年12月 »