« 法律事務所という場所 | トップページ | 謹賀新年(2024年) »

2023/11/10

山口県立大学特別講義

Dsc_110120231107_115353
11月7日火曜日に山口県立大学で特別講義をさせていただきました。演題は、「虐待対応と意思決定支援」

まるで退官記念講義のような感じでお花をかざっていただき、学生だけでなく多くの先生や現場の実践者の方々にご参加いただきました。145名ほどの方がお集まりになったそうです。勢いあまって話過ぎてご質問の時間をとることができませんでした。能力存在推定の話だとか、津久井やまゆりの話、そして津久井から他へ移動してとても人間らしい生活をしているかたの映像、はてはLady GagaとTony Benett のDuetのJazzまで流すという構成でみなさん驚かれたのではないかと思います。なにかの参考になれば望外の喜びですし、楽しんでいただけたとすれば幸いです。
お世話になりました勝井陽子先生はじめ県立大学社会福祉学部のみなさまに御礼申し上げます。
「能力存在推定」の考え方は、日本国内ではほとんど主張されませんが、どんなに重い認知症の方であっても、どんなに重度の知的障害の方であっても、その人なりの人生と思いと考えがあると「推定せよ」という考え方です。世界的にはこれが標準だと思っていますし、国連の障害者権利条約は確実にこの考え方で運用されています。そもそもこの考え方に立たないと「意思決定支援」なんてありえないです。しかし、能力存在推定の考え方にたったときに国連のいうように代行決定を100%なくすことができるのか、それともなんらかの場合に代行決定は残るのか、世界的に議論されているところだと思いますが、これも整理させていただきました。私は、代行決定は残るが、それは「ご本人の能力」の問題ではなくて「支援者の能力」(つまり意思をくみ取る能力)の問題であると整理しております。まあ、こんなことを言っているのは日本国内では私ぐらいでしょうね(苦笑)

 

|

« 法律事務所という場所 | トップページ | 謹賀新年(2024年) »